プロフィール

はじめまして

ネットの世界で息をひそめて生息しているこのブログへようこそです。

私いろんなことがありましたが、(省略しすぎ!)
還暦まであと3年を切りました。

以前は家庭心理カウンセラーとして自宅やカフェでの対面やスカイプやメールで相談を受けていました。

カウンセリングの後、にっこり笑顔を取り戻して欲しいから
家庭心理カウンセラーのにこりんとして活動していました。

現在は成人した子供達と猫と暮らす、ブログを書くのも読むのも好きなふつうの主婦です。

2007年くらいからインナーチャイルド療法を取り入れたカウンセリングをやっていました。
初期の記事には心のしくみについて書いているものがあり、削除せずそのまま載せています。

猫のことも書いている雑記ブログです。

お客様と一緒に成長できたカウンセラー時代

過去にやっていたカウンセリングのことを書きます。この手法、自分への向き合い方を学んだことが私が大きく変わるきっかけとなりました。

人間関係に悩むことがなくなりました。親のこと、仕事のこと、家族のあり方など、自分とまわりを客観的にみることができるようになったからです。

何を学んだかを記しておこうと思います。

思考が現実化することを学びました

思考が現実化するというのは、自分が過去に思考してきた「結果」である。それが現実だということです。

言い換えれば、自分が思考してこなかったことは、現実化していない。手に入らないということです。

そこへ、100%限りなく、今の現実は自分が思考したことだと受け入れることはできるでしょうか。
宝くじに当たることを思考していたら、当選した!

この現実は受け入れられるけど、

親に愛されなかったから、私もわが子を好きになれないとか、
親が片づけられなかったので、自分の部屋も汚部屋だ

というようなネガティブな現実は、あなたが思考した現実なんですよ?と言われても受け入れられないものですよね。

そんなこと、願ったことも思考したこともないと言いたくなりますよね。私も最初は?でした。

自分の本心と向き合う

どうして、100%の思考が現実化しているとは思えないのか。

それは、表向きの心ではなくて、潜在意識という無意識の領域で願ったことだから、気づかないのです。

毎朝、あるいは毎食後歯磨きすることが苦痛ではない人がいますよね。習慣になっている人。

それと同じように、潜在意識は無意識なあまり、自分にとってあたりまえになっている価値観や行動習慣、思考のクセがたくさんあります。

潜在意識で思考したことを知ることであれも、これも、今の私も。家族の状況、上司、姑・・全部自分が思考した結果、私のまわりに存在しているとわかってきました。

どうやって知るかというと、誘導瞑想です。
潜在意識=無意識と言われるように、猛スピードで思考していると言われています。だから自分で気づくことは難しいのです。

そこで誘導瞑想をして潜在意識とつながると(脳がリラックスした状態)、今の現実がなぜそうなったのか原因にたどり着きます。思い出します。

誘導瞑想をすると、子供の頃に何かの出来事がきっかけでそういう価値観が作られたかがわかります。

大人になってひきこもりになった・・そいう人でも子供の頃に親に何かを言われたことで「自分はこうあらねばならない」と
「種」が出来ているものなのです。

なぜなら、子供の頃に一番関わりあっているのが一緒に住んでいた家族。親や祖父母、兄弟姉妹ですよね。もしくは毎日会っていた幼稚園や学校の先生などです。
関係が深いほど、良くも悪くも影響が大きいのです。

しかも、子供というのは経験値が低いので、大人の気持ちが理解できないのです。
だから、出来事を子供の感情で解釈して記憶に残します。

お祭りの日、金魚すくいをしたいと言ったら、一緒にいた父親がダメと言った。
ある日、夕方帰宅したら父親が仕事から帰ってきており、明るいうちからお酒を飲んで酔っ払っていた。
うちの父親は、子供には何でもダメダメ言うくせに、昼間っからお酒を飲む自分に甘いだらしない人だったとか

そんなふうに覚えているものなんです。

でも、自分が大人になると、果たして父親は悪い人かなと、、なんとなくわかってきませんか。
子育てしていれば尚更です。

誘導瞑想で過去の記憶をたどると、
実はあのお祭りの日、すでにヨーヨーや綿あめを買ってもらっていて、
金魚すくいはもういいだろうと言われていたとか、

去年も金魚すくいをして、世話をせずにすぐに死なせてしまったので
今年はもういいだろうと止められたとか

あの日はたまたま仕事が早く終わって帰宅できたお父さんが、
久しぶりに明るいうちからお酒を飲んでいただけだった。
普段は夜遅くまで働いてゆっくり晩酌が出来る父親ではなかった。
仕事の契約が上手くいき、たまにのご褒美でお酒を飲んでいただけ。

自分がずっと不幸なのは、父親がこうだったから、こんな親に育てられたからと思っているということは、自分の人生を人のせいにしながら生きていきたということです。

人のせいにし続けると、それがまた癖になります。エスカレートしていくので親のせいが環境のせい、上司のせい、子供のせい、姑のせい、はてはこの社会が悪いんだ。
政治家のせいとか平気で思ってしまうのです。人のせいにしているほうが、ラクなのです。

人のせいにしておけば
謝らなくてもよかったです。
心を正さなくてもよかったです。
自分の未熟さを認めなくてもいい
問題を解決しなくてもいいのです。

自分は責めているだけでいいからです。でも、人のせいにしていると、ずーっと弱者のままです。狭い社会で窮屈に生きていることなんです。

そこで、現実は100%自分が思考したことだと人のせいにすることをやめます。100%なんて、全部なんて、それは無い。と思うかもしれませんが、頑張ってそう思っていくことで、悩みが解決していきますし、いかに人のせいにすることが無意味であったか、人生の時間を無駄に過ごしてきたかに気づきます。

そうかな、、そうかもしれないなと素直に一度受け入れることで、悩みや問題は雪解けがはじまったと思ってよいのです。
そんなことを、思考は現実化するで学びました。

人は鏡で自分の欠点がわかった

お化粧をするときに鏡を見る様に、自分の顔をみるには鏡が必要ですよね。

自分の肉眼で唯一見ることができないのが、自分の顔なんですよね。

昔から人は鏡であると言われてきました。

例えば、夫が家事に協力しない、夕食後片付けをしていると夫はゲームに夢中・・。

そういう夫にイライラするということは、妻自身も同じ要素を持っているということがあります。

相手に腹が立ち、イラつくのならそれが気づかなかった欠点かもしれません。

会社ではどうですか?

役員活動では?

地域の中では?

義理の実家では?

これは苦手なので、やれないんですう・・とそっと場を離れたり
やりたい人がやればいいじゃんと、協力していなかったり
どうせ、手伝ってもダメ出しするでしょう?なら、やらないと思っていたり
やりたくないので、聞こえないフリをしていたり
こんなことより、私はやりたいことがあるのでと自分の欲求を優先していたり・・

そう思っていることや態度が善い、悪いと言っているのではないのです。

夫の姿をみて、自分も別の場所で似たようなことやっているなーと気づくことでイライラしない道が開けてきます。

どう誘ってくれたら、自分はやる気になる?
どんなことだったら、自分にもできそう?
期待されると、プレッシャーに弱いので自分のペースでやりたいなあ

などと、自分ならこんな気分になればやる気がでるのになあとか
積極的になれるのになあとか、わかってきますよね。

人=自分なので。

こうやって相手の悪い(と思っている)ところは自分の欠点でもあると、わかると
感情もコントロールできて(抑制するのではない)行動も変わってきます。

人にいちいち腹が立たなくなります。子供にイライラしなくなります。お姑さんと仲よくなれるかもしれません。^^

私も妻として母親として、人としてバージョンアップできたんです。(個人の意見)

このブログ505エラーで一度姿失くしました

実はこのブログ、たしか2018年の暮れに「505」のエラーが出て見れなくなってしまったのです。
管理人としては、ログインすることもできず、修正の仕方もわからずでした。

サーバー会社に問い合わせると
「あなたのブログはバックアップの容量が一杯になっているのが原因と思われるが
あとは自己責任で削除するしかありません(的な)」お返事きたのでした。

あれこれネットを徘徊し、やってみもたものの
505は直らず、あきらめてこのブログは一度捨てました。忘れることにしました。

でも、サーバー代は払ってきたんですよね。。
すると、今年の2月末日突然に「WPをバックアップしました」というメールがメールボックスに入って来たんです。

時間が問題を解決していた

なんということでしょう。あれ??っと思ってこのブログにアクセスすると昔のように掲示されていたんです!

あーなつかしや。そうだ、こんな外観だった。こんな記事書いていた。あーなんて独りよがりの記事書いてたんだろ。っていう恥ずかしさがありましたが、あきらめていたものが
復活していて、ちょっとじんわりきました。

この2年弱の間にバックアップした分が消滅したか何かで
505が直ったんでしょうか。このへんが疎いのでよくわかりませんが。

で、2年の休眠を終えてまたブログが復活した次第です。
バックアップのプラグインは休止いたしました。

こんどこそ、記事が消えたらそれまでよってことです。

浦島太郎的な管理人です

この2年余りの間、子供が結婚したり孫が生まれたり、そうそう猫が今4匹になりましたよー。

やっぱり、猫と一日まったりと過ごして、好きなコトばっかりやって生きていたい!!

根本的な夢は変わりませんが、現実はまだまだです。このブログには私の好きなコトや大切にしている価値観とか書いていこうと思います。